PR

ポケモンカードは終わり?バブルになったきっかけ

ポケモンカード

ポケモンカードは現在、一時期と比べると下落しています。
最近では、ポケモンカードは終わったなどネガティブなワードが飛び交っています。

なぜそう言われているのか、そもそもバブルはいつから始まったのかなどご紹介していきます。

※あくまでも見解なので、参考程度で目を通していただけたらと思います。

キリポケも実際に引いているオススメオリパ

1/10でBOXが当たる
アローラぶち抜きオリパ

低額で高額カードを狙える
キリ番で景品がついてくる
コラボが充実
スパークオリパ公式サイト

JTCポケカ強化週間
ビギナー限定ガチャ

還元率90%越え多数!

100円からガチャが引ける
ガチャの演出が楽しめる
キリ番で景品がついてくる
日本トレカセンター公式サイト
0ptでガチャ引ける
PSA10&素体&BOX確定ガチャ

天井ガチャA~S賞確定

100円からガチャが引ける
コラボ実施
Irisオリパ公式サイト
高額リーリエオリパ
豪遊二刀流ガチャ
コラボが充実
ガチャの演出が豪華
幅広いラインナップ
cloveオリパ公式サイト
ポケモンカード高価買取!
最大10%買取アップ!
価格保証で安心買取!

 

ポケカバブルはいつから始まった??

ポケモンカードバブルは、2018年にポケモンカード公式が人気YouTuberとコラボをしたプロモーションがきっかけで、始まったと言われています。

それが発火点となり、ポケモンカードプレイヤーや「ポケカを買って売れば儲かる」という転売ヤーが急増しました。

それまで、大量生産などで価格は落ち着いていましたが、2022年8月16日に「ヒカキン」氏が「かいりきリザードンPSA10」というカードを5,000万円で購入したことで、再びポケカバブルは再熱しています。

ポケモンカードが高騰する要因

・ポケモンカード新弾のリリース

・人気YouTuberなどによるSNSでの拡散

・入手手段が限られている

2018年からのポケカバブルの影響で、転売ヤーや自称投資家が大量に参入しました。

その影響で供給と需要が追い付いておらず、ポケカの新弾がリリースされても転売ヤーや自称投資家に買い占められ、フリマサイトなどで高額転売される事態となっています。

さらにポケモンカードが高額で取引されるようになったのは、YouTuberの影響だと言われています。

2020年に500円で購入できる「Vスタートデッキ」が発売され、YouTuberが一斉に紹介したことで人気が爆上がりしました。

ポケカの注目により現在でも、パックやカードの入手手段が限られています。

大量生産をしても、転売ヤーや自称投資家の影響で、コンビニやショップで見かけることはなかなかありません。

普通に買えないとなると、フリマサイトなどの転売価格で買う方法しかなく、入手難易度が上がっているのが現状です。

ポケモンカードは終わった?

現在絶賛大人気のポケカですが、まだまだポケカバブルは終わっていません。

ポケカが終わるときは、今まで購入できなかったパックやカードが簡単に購入できる状態になったときです。

現在(2023/12/1)でも、新弾が大量生産されたにも関わらず、入手できる方法が限られています。

急にポケカの人気がなくなってしまう可能性もあれば、今までよりもポケカの人気が加速し、価格が高騰する可能性もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました